フランスのすごい常識

パピヨットという名前のチョコレートは、靴下にいれるのが正解

<はじまりの、始まり>
〜フランスのすごい常識編 vol.73〜

あっという間に製菓学校を卒業し
あっという間にクリスマスが来て

気がつけば、パイセンの実家に
ちゃっかり入り浸る、12月の昼下がり…


真冬の田舎暮らしに、ブルブル凍えていたら
パパが、暖炉を入れてあげよう、なんつって
早速、火を起こしてくれたんですけれども

なかなか上手い具合に薪に炎が移らなくて
少々、煙が立ち込めること、およそ5分…

今日みたいに風のない日は、
家の空気の循環が悪いから(こうなるんだ)と

おもむろにリビングのデカい窓を開けると
アラ・ビックリ…

薄く漂う煙が、みるみる暖炉に吸い込まれ
勢いよく薪が燃え始めたではありませんか


うん、これでよし!

って、えらく満足そうにパパは微笑むものの

がっつり開いた窓から入ってくる極寒の風と
頑張って燃える暖炉が家を温めてくれる力は
イーブン、もしくは極寒風がやや優勢なんで

果たして、この手法が正解かどうかは、
ちと微妙…

それでも、燃え盛る暖炉とクリスマスツリーが
めちゃ絵になるんで、良しとしましょうかの


えー、さて…

ヨーロッパといえば、クリスマスの本場…

その中でも、自他共に認める
クリスマス・ド真ん中の国はドイツらしく

フランス人的な自国のクリスマス熱血度
3番目か4番目くらいなんだそうです、はい

それでも、クリスマスならではの伝統が
幾つか存在するそうで(そりゃ、そうか)

そのうちのひとつがコレ
この銀紙にくるまれたチョコレート


その名を、パピヨットと申します

11月末くらいから街の至る所で
山のように積まれたコレを見かけるんですが


チョコ好きのフランス人のための
ファミリーパックなんだろうと思っていたら

なんと、コヤツ…靴下に入れるための
チョコレートらしいですぞ

発祥は、美食の街・リヨンなれども
今ではフランス全土で見られる風習でして

中には、なぞなぞ、冗談、ポエム、諺などが
書かれた紙が挟まってるのが特徴なんだとか


ちなみに、
みかんも一緒に靴下に入れるらしいのですが
その理由は、誰に聞いてもわからず…


子供達が大きくなると、
もはや靴下に入れるなんて洒落臭い事はせず

カゴに入れて、好きな時にもぐもぐ食べる
単なる茶菓子と化しておりますが

それでも、コレを見ると
クリスマスが来たんだなーって思うんだとか


*****
たった一度の人生なんだから
失敗したって思うがままに生きる方が
自分らしいと思ったのが、2019年の春

これから何が起こるかわかりませんが
転んでも前に倒れて、いつも上を向いて
パリの洗礼を沢山浴びながら
毎日を楽しみたいと思います

郷に入れば、郷に従え
この際、パリのことをトコトン好きに
なってみようと思います
”フランス・パリをこよなく愛す”
↓↓↓↓↓
フランス・パリをこよなく愛す 海外生活ブログ・テーマ
世の中には、パリ好きが沢山いるんですね
私も、早くパリが好きになれるといいなー
”パリ大好き”
↓↓↓↓↓
パリ大好き 旅行ブログ・テーマ
*****
私と同じく、フランス生活に馴染もうと
必死こいてる方はコチラもどうぞ…
”フランス生活”
↓↓↓↓↓
旅行とグルメと食べ歩き! 旅行ブログ・テーマ
*****
フランスの旅行・お菓子・ワイン
グルメ・歴史・小説・映画など
フランスに関する事なら何でも
”フランス全般”
↓↓↓↓↓
フランス全般 旅行ブログ・テーマ

フランスやフランス旅行に
関することなら、どんなことでも
”フランス”
↓↓↓↓↓
フランス 旅行ブログ・テーマ
*****
\ランキングに参加しています/
こちらをクリックしていただくと
ランキングがあがります
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへ
↑↑↑↑↑
毎日の更新の励みになりますので
ポチってやってください

最後までお読みいただき、
どうもありがとうございました

MICHI

お菓子型の通販、始めました

\私と同じ、お菓子作りが大好きな方へ/

日本では品揃えが少なくて手に入り難い
プロ御用達、マトファー社のお菓子型
同じ趣味を持つ方にお届けしたいと思って

マイペースに…ではありますが
日本国内向けの通販を始めてみました
↓ オンラインストア ↓

こちらの記事も

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です